毛束を染めてヘアカラーチャートをつくる
ヘアカラーに力を入れている美容師さんにお話を聞くと、「ヘアカラーの世界は奥が深い。常に自分のカラーリング技術を磨き続けていかなければならない」と皆さんおっしゃいます。
そのために、ヘアカラー剤の特性を理解し、調合分量・塗布量・放置時間など、しっかりとデータをとることが大切だそうです。「まずはたくさん染めてみること」それに尽きるのだそうです。
■フラットな毛束だからカラーニュアンスが見やすく、クリップ留具もついて便利です。(ネット限定販売)
クリップ付きの人毛フラット毛束
■ヘアカラー発色テストに大人気の白毛の定番
白馬毛で色調チェック


■染めた毛束を簡単保存-自分だけのヘアーカラーチャートを製作できます
オリジナルでカラーチャートを作る


■レベルスケール-髪の明るさをチェックできるツールです
茶髪チェッカー・レベルスケール


■まずは毛束を試してみたいかたに-ブリーチと白髪と人毛白&馬毛のセット3種類
人毛毛束お試しセット


■人毛をブリーチ加工のみで仕上げているので自分で好きな色に染められるエクステンション
人毛エクステンション
■染めた毛はデータファイルに保存
ヘアーカラー講習や、薬剤研究テストなどでたくさん染めた毛束をデータに残すのは大切ですね。
データファイル台紙を使えば、簡単に保存収納ができます。
自分好みのおしゃれなバインダーを探して、美容室のコミニュケーションツールを作ることもステキです。
染めた毛髪をデータファイル